女の人

ビタミンcでシミ防止

スキンケア用品

バリアをつけたビタミンc

体内には活性酸素があり、この活性酸素によって肌にはシミができます。したがってシミを予防するためには、活性酸素から肌を守ることが必要となります。そのために使われている基礎化粧品が、ビタミンc誘導体が配合された化粧水です。ビタミンcには高い抗酸化力があり、肌に与えると、肌は活性酸素の影響を受けにくくなります。ところがビタミンcは不安定な物質なので、肌に与えても浸透する前に力を失ってしまうことがあります。これを防ぐために、化粧水にはビタミンcそのものではなく、ビタミンc誘導体が配合されているのです。ビタミンc誘導体は、簡単に言えばバリアをつけたビタミンcのことで、そのバリアは肌に浸透した後で除去されます。つまりビタミンcの抗酸化力が、肌の内部でしっかりと発揮されるということです。

浸透性や効果の持続性

化粧水に配合されているビタミンc誘導体には、水溶性のものと脂溶性のものとがあります。水溶性のものは、肌に存在している水分によってスムーズに浸透していくので、効果が出やすいという点が長所となっています。それに対して脂溶性のものは、皮脂の多いオイリー肌にも浸透していきます。浸透には時間がかかりますが、その分効果も長時間持続するので、こまめに追加使用せずに済む点も長所と言えます。また昨今では、水溶性と脂溶性の両方のビタミンc誘導体が配合された化粧水も販売されています。これは、オイリー肌にもそうではない肌にも浸透しますし、即効性がある上に効果が長く持続します。このように、水溶性ビタミンc誘導体と脂溶性ビタミンc誘導体の両方の長所があることから、注目を集めています。